なりたいのは
西洋人顔? ハーフ顔?

大きくハッキリとした顔立ちの西洋人顔やハーフ顔。
憧れの顔に近づくために具体的な美容整形の施術や理想の顔になるためのポイントを紹介していきます。

面倒で不自然なメイクにサヨナラしよう

メイクにこだわることで、ある程度はハーフのような顔にできるでしょう。

  • 目を大きく見せるために、アイラインを太く入れ長いつけまつ毛をつける。
  • 鼻を高く見せるために、ノーズシャドウを入れる。
  • 立体化を出すために、アイシャドウを何色も重ねる。ファンデーションを2色使いする。

しかし、下記のようなデメリットがあるのです。

  • よほど上手なテクニックを身につけなければ、「厚化粧感」「作った感」が強くなる。
  • 毎日のメイクに、化粧直しに時間がかかる。
  • すっぴんとの差があまりに大きく、恋人や友人がどう思うか心配。
そこで
美容整形でメイクに頼ることなく、
いつでも綺麗な西洋人顔、ハーフ顔へ

POINT

美容整形で西洋顔やハーフ顔を目指すなら、それぞれ個々によって抑えるポイントが異なります。下記で解説しますので、まず自分はどうするべきか考えていきましょう。

西洋人顔orハーフ顔になるための4つのポイント

「ほりが深い」と表現されるように、全体的の凹凸が大きくはっきりとした顔立ちの西洋人。
対して、平坦な顔立ちの東洋人。
その違いが大きく出るのが、額・目・鼻・あごの4つのパーツです。

東洋人の特徴 西洋人の特徴
額の骨が平坦。
眉間が低い。
額の骨、特に眉の部分が前方に出ている。
眉間が高い。
一重が多く、二重でも末広型。
目と目の間隔が広い。
目と眉の間隔が広い。
幅の広い平行型の二重。
目と目の間隔が狭い。
目と眉の間隔が狭い。
全体的に低く、眉間から鼻先まで高さの差も少ない。
鼻先が上に向いていることが多い。
眉間から鼻先まで全体に高く、鼻筋が通っている。
鼻先が下に向いていることが多い。
あご
あご先が真下に向いているか、引っ込んでいる。 あご先が前下方にツンと出ている。

POINT

さて、あなたの各パーツは、どちらの特徴を備えているでしょうか?
元の顔や好みに応じて必要なパーツの施術を受ければ、西洋人顔に。
各施術は強弱がつけられるので、控えめに行なえばハーフ顔に。
カウンセリング時にコンピュータでシミュレーションしたり、施術中に確認するなどして、あなたの理想に近づけていきます。

最大のポイントは”目”

額・目・鼻・あご。4つのパーツの中でも、決め手になるのが「目」。西洋人の目は、単に二重がはっきりしているだけでなく、よく見ると幅広の平行型。また、蒙古ひだ(目頭からまぶたにかけてかぶさっている皮膚)がなく、涙丘(目の内側にあるピンク色の部分)が見えているために目と目の間が狭く、やや寄り目気味です。そして、眉の骨が高く、さらに眉と目の距離が近くなって目が落ち窪んでいることで、ほりの深さが出ています。

目もとを作る美容整形のステップ
Step.1

幅の広い平行型の二重を作る

目を落ち窪ませるためには、脂肪を取り除くのが望ましい。
そのため埋没法ではなくミニ切開法もしくは全切開法を選択。

Step.2

眉と目の距離を調整する

眼瞼下垂でまぶたの開きを大きくして、眉と目の距離を近づける。

Step.3

目と目の距離を調整する

目尻切開で蒙古ひだをなくして涙丘が見えるようにし、目と目を近づける。

Step.4

額形成で眉の骨を高くする

少し高さを出すだけならヒアルロン酸注入で、本格的に高くするなら骨セメントで。

ここまで変われる!理想の西洋人顔へ

  • Before

  • After(メイクなし)

  • After(メイクあり)

※施術後(After)のメイクあり写真について

女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000
両目(通常の手術の場合) ¥700,000
片目(筋膜移植の場合) ¥550,000
両目(筋膜移植の場合) ¥900,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

POINT

元々の目や額の状態によって、すべての施術をする必要はないかもしれません。自分の目もとをしっかりと観察して、どの施術をすれば理想に近づけるかを考えてみましょう。

横顔にも注目

美容整形を考えるとき、どうしても顔の正面ばかりを気にする傾向にあります。けれど、もっとこだわってほしいのが「横顔」。自分では見えにくくても、人からは想像以上に見られています。また、特に西洋人顔・ハーフ顔を目指すなら、横顔のバランスは重要です。
では、西洋人と東洋人の横顔の大きな違いはというと、鼻先→唇→あごを結ぶ線が直線になる「エステティックライン(Eライン)」であるかどうか。あごが出ている西洋人にはEラインの人が多く、東洋人はあごが引っ込んでいてEラインにならない人が多いのです。

あご先を出す施術には、ヒアルロン酸注射とプロテーゼ挿入があります。Eラインが手に入って西洋人風の横顔になるだけでなく、フェイスライン全体が引き締まって見えるので小顔効果も得られます。

西洋人顔orハーフ顔に
なるための施術

B.立体的な顔にする
C.幅の広い平行型二重にする
C.眉と目の距離を近づける
C.目と目の距離を近づける
D.鼻筋をくっきり
E.鼻先を下げる
F.あご先をしっかり出す

更にこだわりたい方へ

西洋人顔の大きな特徴からお話ししましたが、はっきりした華やかな唇や白い肌、濃いまつ毛と眉毛など、まだまだ他にも東洋人との違いがあります。
もっともっと西洋人顔・ハーフ顔に近づきたいなら、細かな部分までこだわってみましょう!

セクシー・華やかに
白い肌へ
はっきりとしたラインに

高須クリニックなら
あなたのイメージ通りに!

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00